『チック・コリア・バンド with ナンシー・ウィルソン』

カテゴリー 未分類

リラックスした雰囲気ながら演奏は熱い、名演

チック・コリアはそれほど好きではないけれど

ナンシー・ウィルソン。
名前だけはもちろん知っていたけれど、レコードを聴いたことはない。
ナンシーという名前から(?)てっきりお洒落系な人なのかと思っていて聴いてこなかったけど、どっこい、かなりソウルフルな歌唱をする方なんですね。

チック・コリアもそれほど好きなわけではないので、ほんと、まぁとりあえず観てみるかといった感じだったのですが、これはかなりいい内容です。
曲目はいずれもスタンダードで聴きやすいですが、チックらしいリハーモナイズがされていたり、ジョー・ヘンダーソンの相変わらず暑苦しいソロがあったり、スタンリー・クラークとナンシーとのデュオでビートルズのイエスタデイズをやったり。
これはCD化して欲しいな。してないのかな。

パーソネルは以下。

  • ナンシー・ウィルソン(Vo)
  • チック・コリア(Pf)
  • スタンリー・クラーク(Ba)
  • レニー・ホワイト(Dr)
  • ジョー・ヘンダーソン(Ts)

リズムセクションはおなじみのチック・コリア・バンドメンバー。
そこにジョー・ヘンダーソンが入っていて、これがいいプレイをしている。
チックとヘンダーソンのプレイが非常に光るライブだった。
ナンシー・ウィルソンもいいじゃない。キャノンボール・アダレイとやってるのか。
今度探してみよう。

ライフワークはジャズとランニングと横浜ベイスターズ。無駄に絶対音感あり。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください