ジャズ・ミュージシャンってこういう人たち、なのかしら

カテゴリー 雑記

「ジャズマン」はどんな人種なのか?

ジャズマン=お堅い?

世間一般には、ジャズ・ミュージシャンってどういうイメージがもたれているのでしょうか?
ドラマに出てくるホテルのラウンジ・ピアニストのイメージでしょうか。
ビル・エバンスのポートレイトをどこかで見たことがある方は、あのぴちっとした七三の、頭にぺったり貼り付けたヘアスタイルをイメージするかもしれません。

クールで、真面目な印象でしょうか。

でも、ビル・エバンスはジャズの歴史のなかでもかなり特殊に大人しく礼儀正しい方でした。
マイルズ・デイビスのバンドにいたときはいじめられたりしていたそうです。

逆にいえば人間的にかなりおかしな人のほうが多かったわけです。
ロック・ミュージシャンが裸足で逃げ出すような変人たちもかなりおりました。

「えぇ?ほんとに?なんか小難しいことをやってるインテリ気取りのやつらじゃないの?」と思うかた。
最近ぼくがはまっている動画を観ていただければ、そのイメージが間違いだとわかっていただけるかと。

くだらなさが癖になる、J-JAZZ-HARDCORE

ジャズ・ピアニストの「熊谷ヤスマサ」さんで検索をかけたら出てきた謎の動画。
タイトルは「J-JAZZ-HARDCORE」。
なんのこっちゃわからんままとりあえずクリックしてみると、ジャズマンらしからぬしょっぼいBGMとタイトルロゴでスタート。
オープニングは熊谷さんの下手なラップ(失礼)でスタート。
カメラワークもなにもない、ホームビデオで撮ったまんま。

もうぜんぜん意味がわからない笑

番組の企画としては、熊谷さんがホストとして友人の若手ジャズ・ミュージシャンにインタビューをするというもの。
企画自体はまともなんですが、出てくる人たちがみなさんあんまり頭のよさそうじゃない兄ちゃんたちばかりというか(大変失礼)。

渋谷あたりで遊んでるそのへんの兄ちゃんたちやないかと納得していただけるのではないでしょうか。

ただこの方々がただの兄ちゃんではないところは、「ジャズ」という、高いレベルで演奏するのが極めて難しい音楽でご飯を食べている方々だということ。
もちろん頭だってぜんぜん悪くない(むしろとても頭のいい方々です)。でもとてもそんな風には見えない笑

この、「難しいことをやっているのに当人はぜんぜん賢そうにみえない」というところがジャズマンの一番の魅力ではないかと思います。
人間味があるというか、とりあえず面白いというか。

そんなジャズマンの魅力が垣間見える動画です。

この動画を観て、「こういう人たちがやってるんならライブ行ってみようかな」と思っていただけると嬉しいです。
楽しいですよ~。

P.S.ただ最新版はもうなにがなんだかわかりません。(なんでこんな騒がしい場所を選んだんだ)

ライフワークはジャズとランニングと横浜ベイスターズ。無駄に絶対音感あり。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください