小曽根真ワークショップ「自分で見つける音楽」Vol.5

カテゴリー ワークショップ

(やっぱり)最高に楽しい音楽の授業

2度目の参加、やっぱり良かった

10月11日(水曜)は東京文化会館小ホールにジャズ・ピアニスト小曽根真さんのワークショップに行ってきました。

今回で5回目の開催となる本企画。
ワークショップといってもみんなで楽器を演奏したりするようなものではなく、ステージ上の小曽根さんが時折ピアノを弾きながら、音楽特にジャズについてお話をするというものです。

前回開催時に初めて参加し、そのあまりの面白さに、次も絶対行こうと決めていました。
第5回開催の情報を知ってすぐにチケットをゲット。ずっと楽しみにしていました。

魅力① 超一流の音楽家が音楽を語る凄さ

このイベントの最大の魅力は何と言ってもこれでしょう。
世界のあらゆるステージで猛者たちと演奏を繰り広げてきた超一流のアーティストが、音楽についてピ語るのですそれもピアノの前に座って、実演を交えながら。
国立音大似通っている学生ならともかく(小曽根さんは国立で講師をされています)、こんなに貴重な時間はなかなか立ち会えないでしょう。

当たり前といえば当たり前なのですが、音楽に対する考えが、途方もなく深いです。
リズム、メロディ、ハーモニーについてお話いただきましたが、いずれも「そういう考え方があったのか!」と目から鱗がボロボロと落ちます。

東京文化会館の館内

魅力② 場内爆笑のトーク力

小曽根さんは神戸市出身。滑らかな標準語とバリバリの関西弁を組み合わされて話されます。
超一流の音楽家でありながら、その語り口はとてもフランクで偉ぶったところは微塵もありません。
(こういう方を見ると謙虚であることの大切さを痛感します)

ユーモアのセンスも抜群。テレビの世界でもきっと成功されるだろうなと思うくらいにお話がうまいです。
どれだけ音楽的に深い話をしていても、それをよりわかりやすく伝えるための面白いエピソードや、関西弁のくだらない(失礼)冗談を交えてくれます。

ユーモアって人に何かを伝えるのにとても重要なんだなと思います。
相手の心を開かせて、そこに伝えたいことを届ける。
こういう先生が音楽の先生なら、もっともっとジャズに講義をもつ子どもたちが増えると思います。

③ フリー質問タイムが30分以上!

これは小曽根さんのファンにも、音楽家を目指す人にも、ただただ音楽が好きな人にも、誰にとっても超おすすめなコーナーでしょう。
小曽根さんに聞きたいことがある人は、挙手をして小曽根さんに自由に質問ができるんです。
世界を代表するピアニストに自由に質問ができるなんて、こんな素晴らしい機会滅多にないですよね。

今回の質問は5個ぐらいだったでしょうか?
途中、さんまのからくりTVの企画「ご長寿早押しクイズ」に出れそうなじいちゃんの質問(若い頃はロックンロールとバッハを代わり番こに聴いたよ、という話を質問と呼べるなら)で場内爆笑になりながら、演奏する人の悩み、ブルースってなんなの?など、本当に勉強になることばかり。
一番印象的だったのは、譜面のないジャズから譜面しかないクラシックを始められた時に心がけたことは?という質問に対し、「ただひたすら練習するしかない」と答えられていたこと。小曽根さんほどのピアニストでも、「八時間あっても足りない」と仰っていました。
指に動きを「フィジカルに」覚えこませるために超スローなテンポで演奏する練習をされるのだとか。
「超スローでやると曲が全く別のものになる。それでもメロディーが流れてくる・指が鍵盤の位置を覚え込んでいないとだめ。だから時間がすごいかかる」

プロフェッショナルとしての仕事ぶりに感動しました。

ただ当てられるのはやはり前列の人たち。
「これだけは絶対聞いてみたい」という質問がある方は、ぜひ早めに来場して(席は自由席なので)前の座席を確保してください。

ちなみに小曽根さんは質問に答える時は壇上の縁に座って(防波堤から足を投げ出すみたいな格好で)質問者の方とお話をされます。
お尻も汚れるだろうに。本当に謙虚な方です。

魅力④ ふつうに演奏もあり

ワークショップとなっていますが、トーク中の説明用実演以外に、サービスで曲も演奏してくれます。
途中、休憩用に1曲と、エンディングに2曲(うちアンコール1曲)やってくださいましたし、私は仕事で頭を逃してしまったのですが多分冒頭にも一曲やられていると思います。

都合4曲の小曽根さんのソロピアノを聴けるなんて、それだけでも行く価値ありでしょ。

終演後の館内
終演後の東京文化会館館内

魅力⑤ チケット代はわずか1,500円!

超一流のミュージシャンから爆笑モノのお話を聞けて、自由に質問ができて、おまけにソロピアノの演奏を4曲も聴けて、それでチケット代は1500円です。
小曽根さんであればソロピアノでもコンサートホール開催で7000円ぐらいは取れるはず。それを二時間この内容で1500円は、ほとんどボランティアみたいなものですよね。

お子様連れにも、みんなにおすすめ

なんだか最後はテレビショッピングみたいになってしまいましたが、
この企画は本当におすすめです。
楽器を演奏される方には特におすすめですが(プロのミュージシャンを目指されている方は行くの必須だと思います)、音楽ファンならきっと楽しめる内容です。
子どもでも大丈夫。家族連れにもおすすめできます。

ライフワークはジャズとランニングと横浜ベイスターズ。無駄に絶対音感あり。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください