Brutus「山下達郎サンデーソングブック」特集

カテゴリー

ジャズの話はほとんどありませんが、先日発売されたBrutusがとても良かったのでご紹介です。

山下達郎が毎週日曜日に放送している「サンデーソングブック」を特集しています。
25年間で取り上げられた膨大な音楽の中から、達郎さんの特に重要なテーマを取り上げて紹介しています。
以下そのテーマリスト(Amazon商品ページより)。

ドゥーワップ
ジャズ
ジャパニーズロック
バリー・マン&シンシア・ワイル
カーティス・メイフィールド
ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー
キャロル・キング
デイヴィッド・ゲイツ
ブルース・ジョンストン
トム・ダウド
テディ・ランダッツォ
ピーター・アンダース&ヴィンセント・ポンシア
ニコラス・アシュフォード&ヴァレリー・シンプソン
ケニー・ギャンブル&レオン・ハフ
トム・ベル
アリフ・マーディン
ロジャー・ニコルス
ジェリー・ラゴヴォイ
エリー・グリニッチ
レイ・ブラッドベリ
岩谷時子
ジミー・ウェッブ

Amazonの評価がとても高いのは、その内容がギョッとするくらいに濃密なこと。アメリカポピュラー音楽を専門としている大学教授2名が編集されたそうで、その辺の音楽ムック本より情報量が多いです。山下達郎特集ってだけで、軽い気持ちで買ったら(定価も680円と安かったし)、とても軽い気持ちじゃ読めない。
サンソンの収録現場とか、スタッフへのインタビューも載っていて、雑誌としても単純に楽しめました。

山下達郎ファンでなくても、ディスクガイドとしても十分な内容です。
世界にはまだまだ知らない音楽がこんなにあるのかぁと、ため息をついてしまいます(至極当たり前のことなのですが)

今検索してみて驚いたんですが、もうAmazonの在庫ないんですね(2018年2月10日現在)。Brutusってバックナンバーも結構残っているイメージだったので、10日ばかりで売り切れとは、驚きました。
書籍にはまだ並んでいると思うので、気になった方はぜひ。

ライフワークはジャズとランニングと横浜ベイスターズ。無駄に絶対音感あり。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください