ブラッド・メルドーの新作、テーマは「大バッハ」

カテゴリー 雑記

先日Apple Musicで1曲だけ先行リリースされた、ブラッド・メルドーの新作がAmazonにも出てきましたね。

テーマはバッハみたいですね。オリジナルを混えた構成になる模様。
メルドーのプレイはもともと対位法を用いたバッハっぽいものなので、やっぱり来たかという感じですが、いったいどんな演奏になるのか、楽しみです。

バッハはジャズ・ファンにも聴きやすいと思います。僕も大好きです。
どれか一つと言われれば、なんといってもグールドのゴルトベルク変奏曲ですね。特に81年録音盤は人類史上最も美しい音楽だと思います。布団の中でよく聴きながら寝ます。


ちなみにバッハの「平均律」(グールドの演奏)は「人類を代表する音楽」ということで、宇宙船に乗せられて宇宙に旅立ったそう。宇宙人に聴いてもらうためなんでしょうけど、さすがアメリカ、洒落てますね。興味のある方はGoogle先生にお聞きください。

ひっさしぶりに楽しみなアルバムの情報が出て嬉しいです。
ジャズのアルバムの発売が楽しみなんて、本当に久しぶりです。

ライフワークはジャズとランニングと横浜ベイスターズ。無駄に絶対音感あり。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください